認定教育機関制度

認定教育機関のメリットと認定条件

■認定教育機関のメリット
指導に役立つ補助教材や資料が優先的に提供されることで、効果的な教育・研修を実施することができます。 認定教育機関としての認知度が増すことで、学生・受講生や企業からの信頼性も向上します。 学生・受講生に検定受験費用を割引価格で提供できます。
■認定条件
【1】高等学校、短期大学、大学や専門学校、高等課程を開設する専修学校、民間スクールなどの教育機関であること。
【2】企業、もしくは団体向けに教育・研修サービスを提供する法人であること。
【3】検定の受験に対応した授業もしくは教育・研修メニューが設置されていること。
【4】認定教材を使用していること。
■認定教育機関特典
  • 教育支援ツールの提供
    • 関連書籍やイベントのご案内
    • 受験対策に効果的な教育ツールの優先的提供
  • サポート
    • 検定試験を校内で団体受験可能(最低10名以上)
  • 広報活動のご支援
    • ポスター、パンフレットなど販促ツールの無償提供
    • 【DTP検定】【Web検定】オフィシャルサイトに認定教育機関として掲載
    • 検定事務局が作成する広告・販促ツールなどに認定教育機関としてご紹介
    • 検定事務局が主催するイベント・広報企画を優先的にご案内
■申請方法
  • 認定条件を満たした法人・団体であれば、いつでも申請が行えます。
  • 年会費は無料です。
  • 申請は各資格種別ごとに受付いたします。
  • 詳しい申請方法につきましては認定教育機関の申請方法をご確認ください。

■注意事項
  • 認定教育機関として承認された内容を、期間中に終了する場合は、直ちに検定事務局まで連絡して下さい。
  • 検定事務局に損害が生じるようなトラブルが生じた場合、期間中であっても認定を取り消す場合がございます。