DTP検定とは?


DTP(Desk Top Publishing)が、企画・編集・デザイン・印刷はもちろん、企業におけるプレゼンテーションや資料・文書作成など幅広い分野で活躍し、その工程をドラスティックに変えています。すでに雑誌や書籍、パンフレットやカタログなどあらゆるメディア制作にも取り入れられ、もはやDTPで作られていない印刷物を探すのが難しいくらい普及しています。

それだけに、DTPを修得した実力あるクリエイターは慢性的に不足しています。即戦力となりうる人材は常に現場で熱望されていますが、その実力を客観的に判断するのが非常に難しいのが現状です。それに応えるために登場した資格制度が、DTP検定です。

このDTP検定は、職種別に2つのコースを用意していることが特徴です。企画・編集職や広報職向けのディレクション(DTPII種)、社内外向けの資料を作る営業職や事務職をはじめ、すべてのビジネスマンに向けたビジネス(DTPIII種)です。このように、想定するシチュエーション別に検定内容を分けた、より実践的な資格制度になっています。

出版・広告・印刷などメディア業界はもちろん、あらゆるビジネスシーンで自分のセンスと技術のステータスになるDTP検定は、本当の意味で技能を身につけている実力派の証明といえる検定なのです。

検定2つの種類

DTPディレクションDTPワークの全体を把握してマネジメント力を高める
DTPビジネス見せるビジネスドキュメントで自分を磨きあげる
※見出しをクリックすると詳細ページに飛びます